仙台の結婚相談所で結婚を目指すなら「ブライダル情報センター 仙台」

menu menu

婚活・お見合いお役立ち情報

オンラインで自分を知ってもらう オンラインで自分を知ってもらう

仙台で婚活するあなたへ
お届けするお役立ち情報

婚活・お見合い情報 オンラインで自分を知ってもらう

2021年03月25日

オンラインでのコミュニケーションに大切な事

自分の表現力をつけるために

自分の顔にはその人が持つ役割の顔が出てくるようです。母親、父親、娘の顔、息子の顔、嫁の顔・・会社での立場の顔、趣味の会のリーダーの顔など・
顔にでる役割は隠せるものでもないと思います。それをはぐくんでいくためには自分自身も積極的になって活動をしていくことで多面的な人間性をはぐくむきっかけとなるでしょう。そういう自分自身の内面が出てくる顔を作っていくことができるのは自分自身の行動になってくるのでしょう。

オンラインお見合いでのコミュニケーションで大切な事

オンラインお見合いの中でのコミュニケーションで特に大切なことは対面の時と同じではありますが、目を見て挨拶をしたり、直接的なふれあい(握手)お見合いではありませんが・・・そういうリアルなふれあいはなくなります。そのためにそれ以上に気をつけることが多くあります。
第一印象は1秒で決まるといわれていますが、お相手を見ることに集中してしまうのは対面でもオンラインでも同じですが、オンラインの場合は余計に画面に集中してしまいます。1秒の印象のために自分の印象が左右されていることに注意をはらって様々なことに配慮していくことが櫃世になってきます

言葉のスタート

パフォーマンス学の中で言語調整動作といわれるものがありこれは、相手の話を止めたり促したりする動作のことです。オンラインの場合はお互いに画面の中の人とコミュニケーションをしていくためにより活発に言語調整動作・すなわち相づちやうなずきを大きめにとることがとても重要になってくるでしょう。対面の時以上に相手の話に耳を傾けておおきめに驚いたり、うなずいたりすることでお相手も話やすくなってくると思います。

マイクの調整と声の大きさ

声の大きさというか、声の届き方が大切だと思います。オンラインの場合はマイク性能などにもより声の届き方が違ってきます。対面でも同じように考えても良いと思いますが、自分の声の出し方、話し方は意外に難しいものできちんとお相手に声が聞こえているか、唇のうごきや舌の動きをトレーニングすることで活舌が良くなるのでほんの少しでも普段の生活の中で気をつけていくことができます。舌を伸ばして舌の体操をする、唇を大きめに動かしてはっきりと言えるか確認してみるなど・・・些細なことかもしれませんが、いざという時にはプラスになる事は間違いないでしょう。声の出し方も大きければよいのではないのでメリハリをつけてお話をされている方がいたらその方のトーンを真似してみるのも良いかもしれません。メリハリのある話し方でフレームの向こうの人には集中力をもって聞いてもらえることになるでしょう。

姿勢を整えよう

オンラインでも対面でも姿勢はとても大事です。猫背であったりきちんとした姿勢で向き合っていくことことそが声の響き、第一印象にもつながってくるでしょう。
オンラインの場合は上半身で対面することになりますが、その上半身の映る角度、カメラの向き、そこにいる自分の姿勢がどの角度からでもきちんとうつるように心得ていくことが大切です。そこが印象を左右する大切なポイントになります。服装のほかにも周りの背景、余計なものが無いか、雑然とした場所ではないかなど・・・背景に気を使うことも対面する時の場所を選ぶとのと同じ気遣いになると思います。背景も含めての第一印象になることとなりますから気を配っていきたいところです。

相手にまっすぐに向かい合いうポイント

オンラインでも向き合った時に相手にまっすぐに向き合い、丁寧にお話を聞いていくことで「自分の話を大切に敬意をもってきいてもらえている」と感じてもらえたら信頼関係も深まる事でしょう。

1.相手にまっすぐに向き合う
2. 背筋を傾ける(前傾姿勢は真剣さが伝わります)
3.目を見る
4.緊張しすぎないゆとり

オンラインでも対面でも前向きな姿勢での対話は真剣さも伝わります。
緊張しすぎないゆとりは緊張してしまうのはしかたないですが、自分なりの緊張をほぐす工夫をしていくことが大切だと思います。

お話しをするときのスピードはゆっくりと

オンラインでお話する時のスピードは対面の時よりもゆっくりとお話する方が良いでしょう。
オンラインの場合は対面よりも理解度が低くなる可能性があるようです。オンラインの場合は普段使う五感のうち、視覚と聴覚しか使えない状況の為に情報の量がすくなくなってしまいます。顔がはっきりと見えている対面の場合に比べて唇の動きや目線などが変わってくるために話す言葉はゆっくりの方が雰囲気を感じやすくなると思います。
カメラ(フレーム)の位置がどなたも同じ状況ではないためになおさら丁寧にゆっくりと言葉を発することでお互いの関係性をふかめられる会話へとつながると思います。情報の伝わり方が対面よりも少ない分、工夫する必要があるようですね。

オンラインお見合いで自分の良さを表現する

自分自身の良いところをアピールすることはどういうことか。上手に伝えることの難しさを感じる人も多いかもしれません。一昔前は「善性の表現」という言い方で理解されない時代もありましたが、今はさまざまな困難の中、自分の良いところを表現していくことの必要性も多くなってきている時なのかもしれません。

最近の投稿

カテゴリー

> > オンラインで自分を知ってもらう

pagetop